SFC修行第1弾!OKA-SINタッチ2泊3日の旅③ 那覇~シンガポール

初のSFC修行となるOKA-SINタッチ!

早朝6:40、羽田発のフライトで那覇に着きました。無事にプレミアムクラスへの当日アップグレードの手続きも済ませ、那覇空港を散策します。

前回の記事はこちらから。

SFC修行第1弾!OKA-SINタッチ2泊3日の旅② 羽田~那覇
初のSFC修行となるOKA-SINタッチ! まずは早朝6:40発の羽田~那覇のフライトからスタートです。 全行程はこちらから。 プレミアムチェックイン 考えてみれば国際線には2...

全行程はこちらから。

SFC修行第1弾!OKA-SINタッチ2泊3日の旅①
修行の定番「OKA-SINタッチ」 今年は結婚式にマンション購入と出費が多い年でしたので、まさかSFC修行をやろうとは全く思っていなかったのですが、出張や旅行でANAと同じくスターアライアンスのシン...
スポンサーリンク
広告大

那覇空港で定番スイーツ

富士屋のぜんざい

まず一つ目は沖縄の定番であるぜんざい!

ぜんざいと言えば温かいものを想像していますが、沖縄の「ぜんざい」は”冷たい”かき氷スタイルが定番!

今回は空港から一歩も出ないスケジュールでしたが、ネットで調べてみるとなんと空港の中にぜんざいを食べられる場所が!

場所は手荷物検査通過後のエリアにあるコーラルウェイというお店。こちらでぜんざいの老舗である富士屋のぜんざいをテイクアウトで頂けます!

コーラルウェイ スナックコート (那覇空港/弁当)
★★★☆☆3.42 ■予算(夜):~¥999

お店はJAL側の制限エリアにありますので、ANA便に搭乗の方はご注意を。

ぜんざいを一つ購入し、ANA LOUNGEで頂くことにしました!

シャリシャリの氷の上に白玉と沖縄産さとうきびから作られた砂糖と豊見城村与根の塩で煮込まれた大粒の金時豆が沢山!

白玉は滑らかで柔らかく、金時豆は適度な甘味で美味しく、大粒で食べ応えがありましたが、あまりの量に完食するのはちょっと大変でした。

ですが本当にこのぜんざいは美味しいので、もし那覇空港で小腹が空いていたらこのぜんざいはおすすめです(^^♪

ブルーシールの紅芋ソフト

時間に余裕を持ってゲートに向かうと、紅芋ソフトクリームの看板が・・・!

ぜんざいも頂き、あとは飛行機に乗るだけと思っていましたが、せっかく沖縄に来たのだからとついつい食べちゃいました(^^;

こちらはブルーシールのソフトクリーム。紅芋とバニラのミックスを頂きました♪

那覇から成田へ~当日アップグレードで再びプレミアムクラス~

前回の記事で書いたように、那覇から成田空港への国内便は当日アップグレードにより本日2回目のプレミアムクラスです。

成田行きということで、機内(エコノミー)は圧倒的に外国人が多く、プレミアムクラスは搭乗時点でもまだ空きがあるようでしたので、やはり成田便は競争率が低いようですね。

プレミアムクラスのシート

行きの便とはシートが異なり、前回は革張りでしたが、今回はファブリックでした。

一方でひじ掛けがレザーで良い感じ。

足元は前の座席下に特に構造物がなく、丸々スペースが空いているためか、羽田発那覇行きのシートよりも空間的なゆとりがあるように感じました。

まあどっちも足を伸ばすスペースは十分にありますので、比べてもあまり関係ないかも。

Premium GOZEN(昼食)

さて、那覇行きの便の食事は朝食仕様でしたが、今回は昼の時間帯でしたので、昼食仕様です。

プレミアムクラス ~お食事・お飲み物~|ANA
【ANA公式サイト】プレミアムクラス ~お食事・お飲み物~。ANAが提供する国内線の各種サービス情報はこちらから。旅の計画・準備はANAのホームページで。

メニューはこの通り。カロリーが書いてあるのも良いですね。

下の段はひじきも入った炊き込みご飯。

上の段はおかずです。ゴーヤーが入っているなど、少し沖縄テイストになっています。

魚も煮物も豚しゃぶも美味しく頂くことができました!味噌汁がついているのも良いですね♪

プレミアムエコノミーでシンガポールへ

国際線から国内線への乗継@成田空港

成田空港第1ターミナルに着いてからは、専用の出国審査場・保安検査場を通ってあっという間に出国エリアに行くことができました。

事前に行き方はチェック済みでしたが、プレミアムクラスに搭乗していたことで1番に飛行機から降り、バスで到着ゲートに移動してからも早足で専用の出国審査場に向かったところ、移動時間は10分かからなかったように思います。

思いのほか早くてびっくり。

http://www.ana.co.jp/pr/08-0103/pdf/08-star0310.pdf

尚、預け入れのスーツケースなどがある場合は那覇でのチェックイン時にシンガポールまで預けることができるはずですので、いちいち到着エリアでスーツケースをピックアップしてチェックインカウンターに移動してまた預けるという手間はかからないかと思います。

(これが羽田=>成田といった乗継だと難しいですね。。。)

乗継時間は2時間ということで、ANA LOUNGEでくつろいでから、出発ゲートに進みました。本当はラウンジで食事も頂きたかったところですが、プレミアムクラスで食事も頂いたので、今回はソフトドリンクのみで。

シンガポールまではプレミアムエコノミー。優先搭乗がありましたが、バスで飛行機まで移動ということで、バスに乗り込むとまだビジネスクラス搭乗の方が待ってましたし、おまけにエコノミー搭乗者(スタアラゴールドでの優先搭乗ではなく)も一部は一緒でしたので、あまり意味は無かったかも。

そしてバスから降りて飛行機に乗る際は、優先搭乗で先にバスの椅子に座っていたビジネスクラス搭乗者よりも、後からバスに乗って出口付近にいたエコノミー搭乗者の方が先にバスを降りて飛行機に乗っていました 笑

プレミアムエコノミーのシート

ちょっとピントがいまいちですみません…。

シートピッチはこんな感じ。国内線のプレミアムクラスには劣りますが、国際線のエコノミークラスと比べるとかなり余裕がありますね。

足もしっかり伸ばすことができますので、エコノミーと比べると快適に過ごせそうです。

プレミアムエコノミーのもう一つの特徴はレッグレスト、フットレストがある点ですかね。

これがあると無いとでは快適さが全然違います!特に寝るときには大きいんじゃないですかね。

こんな風にあぐらをかくこともできちゃいます!(汚い足ですみません・・・)

プレミアムエコノミーの機内食

プレミアムエコノミーの機内食はエコノミークラスと基本的に同じですが、ビジネスクラス用のシャンパンや日本酒、デザートを頂くことができます!

通常のエコノミークラスのお食事・ドリンクに加えて、プレミアムエコノミーのお客様だけにお楽しみいただけるメニューが増えました。ゆったりしたシートと充実のサービスでおくつろぎください。

・スパークリングワイン
・スープ*
・ミニラーメン(ヨーロッパ路線)*
・ミニうどん(メキシコ・北米・オセアニア・アジア路線)*
・ご搭乗便のビジネスクラスのシャンパン、ワイン、日本酒、梅酒、焼酎(水割り・ロック)、デザート*
*1食目のサービス終了後から2食目のサービス開始前までの時間にお召し上がりいただけます。

路線 : 成田・羽田発着のプレミアムエコノミー設定路線のみ(便によりサービス内容が異なります。デザートは深夜および早朝出発便ではご用意がありません。詳しくは客室乗務員にお尋ねください。)

(ANA公式ホームページより)

メインには海鮮ちらし寿司を選びました。

美味しくはあるのですが、国内線のPremium GOZENを頂いた後だとちょっと物足りない…。

到着前には2回目の食事としてペイストリーが提供されました。

ちなみに食事のテーブルはひじ掛けから引き出します。

またひじ掛けからはこのように小さな台も引き出すことができ、機内で配られる小さなペットボトルを置けましたのでちょっと便利でした。

シンガポールに到着

約7時間のフライトでシンガポールのチャンギ空港に到着!

今回は預入の手荷物もありませんでしたので、そのままの足で入国審査を経て、タクシーで宿泊先であるフォーポイント バイ シェラトンに向かいました。

次回はフォーポイント バイ シェラトンの紹介です!

スポンサーリンク
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする